債務不履行になりそうなときは、あらかじめアイフルに連絡を入れておくとペナルティを免れることができる場合があります。

アイフルだけではありませんが、消費者金融業者からキャッシングをするときは、お金を借りているという意識を常に持つようにしておいてください。キャッシングのカードは打ち出の小槌ではありません。利用限度額も決まっていますので、返す当てのないようなお金の借り方をしないようにしましょう。
アイフルは、消費者金融業者の中でもとてもいいイメージを持っている人がたくさんいます。男性だけでなく、女性や主婦にも人気があります。さらに若い人でもキャッシングについて抵抗なくお金を借りるようになっているのも、アイフルなどの良心的な消費者金融業者のおかげなのかもしれません。
さて、お金を借りたけれども毎月の約束した日にお金を支払わないことを難しい言葉で債務不履行といいます。ここで勘違いしてはいけないことがあります。たまたまお金を払うことを忘れていたから、それは債務不履行ではないと考えることです。これは間違いですから少し勉強しておくとよいでしょう。
債務不履行には、履行遅滞、履行不能、不完全履行の3つの種類があるとされています。履行遅滞はお金を払う期日が来ても、お金を支払わなかったということになります。これはお金があるなしに関係がないので注意してください。約束を守るということが大前提です。アイフルでも履行遅滞をしてしまうと、新規のキャッシングができなくなることがあります。
後の履行不能や不完全履行は、キャッシングでは、考えにくい状況ですが、いずれにしても借りたお金を完全に返していなければ、債務不履行として債務は残ったままということになります。
債務不履行になった場合、アイフルなどの貸金業者では、法律で厳しく定められてるため、無茶な取立てはできません。督促や取立てに関してもプライバシーを侵さないように十分に配慮した方法で行われます。勤務先に連絡をするときには、会社名を出さないといったことや、訪問する際には時間帯が決まっているなど、怖い督促や取立ては全くありませんので安心してください。そして、お金が無いから期日までに返済できないという場合は、気づいたときにアイフルに連絡を入れるようにしましょう。返済が遅れてもあらかじめ連絡を入れておいたことで、遅延損害金を免れることもあります。放置していたりすると大変なことになりますので注意が必要です。