アイフルは借り手に優しい元利均等返済方式を採用しています。

銀行や消費者金融業者からお金を借りたあと、少額のお金なら一括返済してしまいますが、緊急時にまとまったお金を借りた場合には、その後分割して返済することになります。その際の利息の計算方法には大きく分けて2つの方法があるとされています。それは元金均等返済方式と元利均等返済方式です。
元金均等返済方式は、借入残高に金利を掛けて利息を計算しますが、元金の返済額は毎月定額です。しかし、利息はその都度計算しなおしますので、毎月違った利息を計算して請求されます。そして、借り入れ当初に支払う利息が一番多くその後、少しずつ少なくなっていきます。
元利均等返済方式は、元金と利息を合計した金額が一定になりますが、同じように借入残高に利息を掛けて計算します。元利均等返済方式では、利用者の支払い額は毎月変わりませんが、その間の利息が変わっていきます。利息以外は元金の返済に充てられるようになっています。元利均等返済方式では、利息を支払っていれば、ずっとお金を借りることができます。
消費者金融でおなじみのアイフルは、元利均等返済方式を採用しています。アイフルをはじめ他のほとんどの消費者金融業者が、元利均等返済方式を採っていると思っていいでしょう。元利均等返済方式は、毎月の返済金額が一定で、お金を借りる人にとっては、返済計画を立てやすくありがたい制度です。
アイフルの場合は、元利均等返済方式を採っていますが、これも利用者の立場に立った返済方法だと考えてください。つまり、消費者目線での、利用方法を考えた場合には、元金均等返済方式よりも元利均等返済方式のほうが、利用しやすいということになります。
そして、アイフルが他の消費者金融業者と違う点は、一般に採用されている約定日制もありますが、35日サイクル制も選択できる点です。アイフル独自の35日サイクル制は、次回の返済日が35日サイクルになっています。そのため、完済までには少し時間がかかるという欠点はありますが、毎月の資金繰りに関してはとても楽になってきます。もちろん、35日以内でも繰り上げして返済することができますから、こうしたアイフルの返済方法をどんどん活用して、キャッシングを利用していきましょう。結論として、使いやすいキャッシングならアイフルが一番いい、ということがおわかりいただけたのではないでしょうか?