アイフルでは元金均等返済方式を採用せずに、元利定額リボ払い方式を採用しています。

キャッシングや借入金の返済方式でよく使われるものに、元金均等返済方式と元利均等返済方式があります。元利均等返済方式は、元金と利息とを合計した金額が、毎月一定になる返済方式です。毎月の返済額がいつも同じですので、計画的に返済することができますし、先の返済額もよくわかりますので消費者金融ではよく採用されている方式です。
一方の元金均等返済方式は、元金は毎月一定額を支払うことになりますが、その都度金利を掛けて利息を計算し、利息を支払う方法です。元金均等返済方式は、借り入れ当初にはたくさんの利息を支払うわけですが、返済が進むうちに元金も減っていきますので、支払う利息は少しずつ少なくなっていきます。最初の段階では多めに利息を支払うので少し大変なのですが、元金も元利均等返済方式よりも多めに返済していくので、支払う利息の合計金額は少なくなりますし、早期に返済することになります。
アイフルでは元金均等返済方式ではなく、元利定額リボ払い方式を採用しています。元利定額ですので、元利均等返済方式と同じことだと考えてください。さらにアイフルでは、残高スライド方式も併用していて、借り入れ金額に応じて、最小の返済金額が決まっています。最小返済金額が決まっている理由は、利息の支払いがあるからです。元金と利息では必ず利息を先に計算して支払うようになっています。借入残高に応じて利息は多くなったり、少なくなったりします。そのため、利息分はしっかりと返済してもらえれば、お金はずっと借りていてもいいということになります。
アイフルをはじめ元金均等返済方式ではなく、元利定額方式を採用している理由は、キャッシングをする人はお金に困っている人が多く、お金を返済するためには、その分節約をするか余計に稼ぐ必要があるからです。元金均等返済なら、毎月の返済額プラス利息の支払いがあって、毎月の返済は少し多めになってしまうことがあります。せっかくアイフルでお金を借りたけれど、お金を返済するために借りたような気になってしまいます。そこで、アイフルなどの消費者金融では、元利均等返済方式、元利定額方式を採用しています。キャッシング会社にとっては、より多くより長期間借りてくれたほうがいいわけですが、だからといって無駄な利息を払わないようにしてください。