アイフルは総量規制対象のキャッシング会社で審査も法律に従って行われます。

どこのキャッシング会社にしようかと迷っている人がいたら、同じ消費者金融の中でもアイフルが一番親しみやすく使い勝手のいい会社としてオススメできるでしょう。消費者金融業者では、貸金業法が適用されていて、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。こうした規制のことを総量規制と呼んでいます。もちろん、アイフルも貸金業者です。総量規制の対象外となっているのは、銀行や信用金庫などのカードローンになっています。
貸金業法の総量規制がかかると、アイフルなどの貸金業者は、年収の3分の1を超えて貸し付けをすることができません。これは利用者の規制ではなく、貸し出すキャッシング会社にかけられている規制になりますので、利勝者はあまり気にすることなく利用することができます。そもそも、借り入れの審査のときに、年収の3分の1以上の借り入れがあるということだと、それ以上キャッシングはできませんので、審査落ちになってしまいます。これはアイフルでも同じことです。アイフルなどの貸金業者に一律に課せられている規制ということになります。
なぜこのような規制がかけられているのでしょうか?もっと貸してくれたら会社も儲かるのではないかと思ってしまいます。これは借りすぎによる多重債務者を作ってしまうことを防ぐためです。利用者ではなく貸金業者にこの規制をかけることで、多重債務者の増加や自己破産を未然に防いでいるということになります。
アイフルの場合もそうですが、総量規制の対象となる資金は個人がお金を借り入れる際のお金だけになります。その他の住宅ローンや自動車ローン、他には事業性資金などは当然除かれます。さらにクレジットカードの残高も除かれています。こうして考えると意外と抜け道のようなものがあることに気づきます。
たくさんのローンを抱えているから、アイフルのキャッシングの申し込みができないと思わないようにしてください。どんな性質のローンなのかをはっきりさせると、意外とキャッシングの審査にもすんなりと通るのではないかと考えられます。
アイフルがだめなら、総量規制のかからない銀行系のカードローンを探してみたくなりますが、アイフルよりも厳しい審査になりますので、気をつけるようにしてください。申し込みの順番を間違えてはいけません。