アイフルのキャッシングでも利息と元金の違いをしっかりと理解し、元金の返済を重視して利用しましょう。

お金を借りようとする人が、キャッシングの仕組みをよく知らないでいると大変なことになります。まとまったお金を借りた後、そのまま毎月の返済を続けていくだけでは、借入残高が減らないということになります。キャッシングの毎月の返済は、元金と利息が含まれています。この二つの違いを知らないと、キャッシングでお金を借りることができても、その後長い期間支払いが続いていきますので、お金を返しているという錯覚に陥ってしまいます。
消費者金融業者の中でも一番オススメともいえるアイフルでも、キャッシングの仕組みを知ることは大切です。まずはアイフルの返済方式から知るようにしましょう。アイフルの場合は、元利定額リボルビング返済方式を採っています。リボルビング方式とは、毎月一定額の返済額を続けていくような方法です。元利定額とは、利息と元金という意味で、返済額の合計額のうち利息以外は元金の返済分になっているということです。
元利定額リボルビング方式は、消費者金融の返済方法としては一般的です。ただ、借入当初は毎月の返済額は同じでも元金の部分の割合が少なくなります。これは元金となる借入残高が多いことから、利息のほうが多くなってしまうことによります。
ここで注意することは、元金を減らすことを大きな目的として考えることです。アイフルをはじめ消費者金融で借りている人は、お金を借りているという意識が無くなってしまうことがあります。それだけ便利なものだということですが、できればATMや銀行振込みなどで、借入初期のころに随時返済を心がけることで元金を減らし、その後の利息の支払いを少なくすることができます。
アイフルでは返済のサイクルも毎月一定の日だけではなく、35日サイクル制といって、35日を一つのサイクルとして返済日がやってくる方法もあります。アイフルの35日サイクル制は、お金がない人にとってはありがたい方法です。しかし、35日以内に返済することも可能です。いつまでも35日サイクルの返済を続けていると、それだけ借入期間が長くなりますので、こちらも随時返済で元金を減らしていくようにしてください。
このようにアイフルでは、利用者が借りやすい方法で、お金を借りることができます。そこで忘れてはいけないことは、まずは元金を減らすことを考えるということになります。