アイフルの回収業者は、貸金業規正法により、安心安全に貸金を回収します。

お金が返せなくなったら、どうしますか?誰しもお金を返せなくなるのに、お金を借りようとする人はいません。もちろん、キャッシング業者もお金を貸してもきちんと返済してくれる人に対してだけ貸そうとします。それが審査の結果に反映されてきます。しかし、どうしても貸し倒れになることを防ぐことはできません。お金を貸しても返せなくなる人もたくさんいるわけです。こうした金融事故を防ぐことは難しく、そのために高めの金利を取っているというわけです。適用されている金利が高いという人は、それだけお金の貸し借りにおいては信用がないということになります。
ところで延滞してしまったり、滞納してしまったりするといったいどうなるのでしょうか?例えば、アイフルといった大手の消費者金融業者でも、お金を返さないお客に対しては、電話や文書などの督促を行うことがあります。そんなときには、アイフルの関連の回収業者がその業務を行うことになります。
アイフルの関連の回収業者であっても、お金を返さない人に対しては、いろいろな方法を使って借金の取り立てを行います。しかし、回収業者の取り立ては、法律で厳しく規制されているので、脅すような取り立て方法は禁止されています。それはアイフルの回収業者だけではなく、他の回収業者も同じような規制を受けていますので、例外はないと思ってください。
それではアイフルをはじめ、回収業者の回収方法を紹介しておきましょう。回収方法は、手紙や電話、電報や訪問などがあります。貸金業規正法が出来る前は、脅迫電話などが入ったり、大勢で自宅に押しかけたりする取り立て方法もありましたが、今はそうした恐ろしい取り立て方法は行われていません。
他には、簡易裁判所書記官による支払い督促です。督促の申し立てを行い、強制執行により債務者の財産を差し押さえてしまう方法です。支払い督促は、手続きも簡便で費用も安く済むので、場合によっては使われる方法です。
さらに訴訟による回収も行われます。民事訴訟を起こして強制執行させる方法です。ただ、財産がないという場合は、強制執行を行っても回収ができませんので、小口のキャッシングではあまり行われることはありません。
他にも保証人へ請求する方法や抵当権を実行してお金を回収するといった方法もあります。